リミットメイカーカスタムベイツ
アイテム レポート スタッフ紹介 掲示板 リンク 挨拶

トーナメントレポート

2006年JBイースタン河口湖A最終戦(2006.9.3更新) 
【報告】プロスタッフ杉田

 みなさん、こんにちわ!プロスタッフ杉田です。残暑が厳しい中、良い釣りしていますか?今回は、8/27日に開催されたイースタンプロシリーズ河口湖A第3戦の模様をレポートします。

 早いもので、気が付けば河口湖Aシリーズも最終戦を迎えました。1、2戦と満足の行かない結果だったので、今回は気合を入れてプリプラクティスも決行。プリプラでは、シャローからディープまでチェックして、最近絶好調の丸栄沖、鵜の島東そして鵜の島西のディープでキロアップがイージー に釣れホクホクでGPSにポイント入力。ミドルレンジでのキーパー場と暇つぶしのニジマスバクバクエリアも見付け^^、前日にチェックすればOKの充実した練習が出来ました。

 しか〜し、プリプラとは裏腹に前日プラでは悲惨な状態となりました。いつものように夜中の2時に現地に到着し仮眠をとりそして早起き。6時から練習が出れるように準備を済ませ、長くなる宿のオバチャンとの長話も早々に切り上げ、さぁ時間だ練習しようと何気に魚探の電源を入れ、違うことをしていると違和感に気付きました。

 「あれっテレリン♪って鳴ったっけ」おそるおそる魚探の画面を除きこむと画面が真っ白。僕の頭の中も真っ白。電源を切ろうとしても切れず配線を抜いて再度電源を入れるも真っ白。うぉ〜テレリン♪って言うてくれぇと斜め45°でブチ叩いても画面真っ白。壊れやがった。GPSの画面にも切り替わらずプリプラの努力が無駄になりました。

 仕方がないので、ミドルレンジのキーパーパターンを確認するためスロープから近い小海に行きました。着いて地形をリアの魚探でチェックしてエレキを降ろすと、ウェイクの人達のボートが近寄って来ます。なんだろ?と思っていると「すみませ〜ん、ジャンプ台を使って練習するので空けてもらえませんかぁ」と 綺麗なお姉さまが。「イヤ」と言いたいものの綺麗なお姉さまにそんなこと言えるはずもなく、これでプリプラで見付けたピンのチェックが全て分からない状況 になってしまいました。

 ヤケクソでディープをドラッキングしますが、船団の中ピンが分からなくては宝くじを当てるようなもので、ノンキーさえも釣れません。ディープをあきらめシャローをチェックすると、厳しいですがやりきると何とかキーパーギリギリが拾えるくらい。明日は、シャローでキーパー拾いつつ出会い系サイトで勝負する作戦しか思い浮かびませんでした。で、凹みながら宿で準備をしていると大雨が降り出し、何故かこれで今日の事は洗い流せそうな気がしました。しかも西口代表を初め色んな人から激励の電話を頂きスッキリした気持ちで眠りにつくことが出来ました。

 迎えた、試合当日ですが雨もすっかり上がり曇り空の釣りをするにはもってこいの天気。ミーティングが終わり、最終フライトでスタート。丸栄、ハワイ、鵜の島東に船団が出来ていたので、二の瀬あたりからやろうとフルスロットル(アルミなのでいつでもフルスロッル^^)で目指すと、とあるエリアが完全にノーマークになっている事 を発見。面舵イッパーイで急旋回し、様子見がてらにハイパーシャッド(コーラ)のDSをキャスト。ウィードにひっかけシェイクし外してフォールさせると、ティップが絞り込まれキーパー キャッチ。ウェイトはいまいちでしたが、バイトの出方からここで5本はすぐ に揃えられると野性のカンが働き1日やりきることにしました。

 捨てる神ありゃ拾う神あり。笑いの神様が降臨して1時間も立たずにリミットメイク達成。ここでウェイトアップを図るためワームをハイパーストレート(コーラ)に変え、アクションもほぼステイ気味に変更。すると、若干ウェイトアップし4本を入れ替えTOTAL1500gに。きっとデカイのもいるはずだと集中力が切れそうになると自分に言い聞かせ粘ると、ついにフォール中にビッグバス特有のバイトが出てフッキング!水面でジャンプし魚体を確認するとデカイ。そこからは慎重にや りとりし無事にネットイン。

 すぐさまウェイトを測ると1500g。これで2700gまで伸び入賞を確信しました。お立ちを狙える位置まで来てさらに集中力を高め釣り開始。しかし、ここで再び事件が発生。1500gのバスがライブウェルで横を向き瀕死の状態に。バスを死なすのは絶対 にイヤなのでここから釣りを止め必死の看病開始。帰着まで1時間の間看病をしつづけ、帰着開始と同時に帰着しすぐにウェイン。

 バスも何とか頑張ってくれてノーペナルティで済み、9位に入賞することが出来ました。今年の残り試合はJB2最終戦、バスプロ選手権ですがお立ちに上れるように頑張ります。

 ※表彰式で河口湖湖底清掃の結果報告がありました。水中でブヨブヨに膨らんだ多くの塩ビワームが狭い範囲に大量に見つかったそうです。このままでは将来釣りが出来なくなる恐れも予想されるので、皆さんも釣りに行ったら周りのゴミを拾って、根がかりさせない努力と外す努力。そ してエコワームを使うようにお願いします。

レポートindexに戻る


Copyright(c) LIMIT MAYKER CUSTOM BAITS All Right Reserved.
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO